時間を考えましょう

人妻とのメール交換は『余裕』が大切です。間違っても、友人知人と行うようなペースでやり取りを交わしてはいけません。それでは人妻に負担をかけるだけで、進展など何一つ望めません。

人妻とのメール交換は、送信したメッセージの総数ではなく“内容”で決まります。家庭の中で家事という労働に従事する人妻には、外野が思っているほどの自由時間がありません。メールチェックは一日一回~数回ということが当たり前ですし、人妻によっては、数日に一回程度しかチェック出来ないという場合もあります。ゆえに人妻とのメール交換は、一通一通の内容と濃度が重要です。

人妻とメール交換を行う場合は、内容もそうですが、送信する時間帯にも気をつけてください。夫が帰宅しているだろう夜間の時間帯にメールを送る―なんてことはいけません。メール交換開始にあたり、大抵の人妻は『送信NG時間帯』を知らせてくるので、それを厳守してください。「たかがメールの着信くらいで、相手の旦那が感づくわけがない」と思っている独身男性もいますが、それこそ絶対にあり得ません。普段、何もない時間帯に携帯電話が着信すれば、子供だって変化に気づきます。人生経験豊富な旦那であれば、尚のこと変化に気づき、疑います。

大人同士の付き合いには、様々なルールが存在します。それが守れない、又は守る気がないのであれば、人妻をターゲットから外しましょう。美味しい思いをするどころか、苦い思いをすることになりますよ。

こちらのページもどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ